五島へのアクセス情報はこちら

スポンサーリンク

【絶対保存版】五島列島への行き方・アクセス方法・移動手段教えます

五島の海 アクセス情報
アクセス情報

五島へ行きたいけど…どう行ったらいいのか分からない」

料金はどのくらいかかるの?」という方も結構いらっしゃると思います。

ということでわかる範囲で長崎県・五島市(福江島)への行き方・アクセス方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

五島列島はどこにあるの?

五島列島は長崎県の西側にある島、五島列島・福江島です。

福江島、久賀島、奈留島、若松島、中通島からなる5つの島があるため五島列島と呼ばれてます。下五島と新上五島町に管轄が分かれており、一番大きい島は福江島になります。

▼今回は下五島(福江島)のアクセス方法です。

 

五島市・福江島へのアクセス方法

五島市へのアクセス方法は飛行機または船の2通りがあります。

 

飛行機で行く場合

東京、関西、東北方面の方は一番早い方法は飛行機です。

飛行機は福岡空港または長崎空港で乗継をすることになります。

所要時間は30~40分で五島に着きます。

ただし料金は一番高いです。

船の場合

船は長崎港または福岡港から出ています。

船は片道約4,080円~9,000円前後

※フェリーまたは高速船によって料金が変わります。

五島へ少しでも安く行きたい方、時間に余裕がある方は船がおすすめです。

ただし五島に着くまでに時間はかかります。

 

長崎から五島市へのアクセス方法

長崎から五島市へのアクセス方法は3通りあります。

①ジェットフォイル
②フェリー
③飛行機

 

①長崎⇔五島(飛行機で行く場合)

【場所】長崎空港(大村市)

【料金】(通常時)片道:12,400円~
(往復):21,900円〜

【時間】11時50分発、17時45分発

【便数】1日2便

※船・飛行機も時期により料金、便数が大幅に変動します。
※船・飛行機で行く場合、台風や冬は本数も少なくなり海上時化や強風などで欠航することがよくあります。

【各お問合せ・時刻表】は下記より
飛行機:ANA/ORC/福江空港

②長崎⇔五島(船で行く場合)

【乗り場】大波止ターミナル(長崎市)

①ジェットフォイル(高速船)

【料金】片道約9,030円前後

【時間】約1時間30分〜1時間45分

【便数】1日約4便から出ています。

②フェリー

【料金】片道4,080円前後

【時間】3時間10分〜4時間

【便数】1日3便出ています。

※ジェットフォイル・フェリーとも往復購入で少し安くなります。

【お問合せ・時刻表】は下記より
船:九州商船

 

福岡から五島市へのアクセス方法

福岡から五島への行き方は2通りあります。

  • 飛行機:約40分
  • フェリー(太古丸):約8時間30分

福岡⇔五島(飛行機で行く場合)

【場所】福岡空港

【料金】片道:20,100円~(通常時)
往復:31,500円〜

【時間】①7時40分発、②9時35分発、③17時00分発

【便数】1日3便

※繁忙期は通常より便数も増えます。

 【お問合せ・時刻表】
飛行機:ANA/ORC/福江空港

 

福岡⇔五島(船で行く場合)

【場所】博多ふ頭第2ターミナル(福岡市)

【料金】片道:4,930円~(指定なし)

【時間】①福岡発 23時45分→福江着 8時15分
②福江発 10時10分→福岡着 17時50分

【便数】1日1往復

太古丸は福岡を夜に出発して、朝8時15分に福江に着きます。

福岡からは太古丸が一番安く行けて、料金も片道最安4,930円〜行くことができます。夜は寝て起きたら福江に着いてます。
福岡から安く行きたい方には太古丸がおすすめです。

※太古丸の料金は船内のグレードにより料金が変わります。
※船・飛行機も時期により料金、便数が大幅に変動します。
※船・飛行機で行く場合、台風や冬は本数も少なくなり海上時化や強風などで欠航することがよくあります。

【お問合せ・時刻表】
野母商船 電話:0570-01-0510

 

東京から福岡or長崎⇔五島市への行き方

①福岡経由(飛行機)

【東京】→【福岡】:約1時間45分
【福岡】→【五島】:約40分

②長崎経由(飛行機)

【東京】→【長崎】:約1時間55分
【長崎】→【五島】:約30分

ANA、JAL、ソラシドエア、タイガーエアが就航しています。

※飛行機の場合、乗継になるため数時間待ちなどもあります。

 

名古屋・大阪⇔福岡or長崎⇔五島市への行き方 

飛行機

【名古屋】→【福岡or長崎】:約1時間25分
【大阪】 →【福岡or長崎】:約1時間15分

乗継

【福岡】→【五島】:約40分
【長崎】→【五島】:約30分

 ※乗継は東京↑↑と同じです

※運賃・時刻は時期によって変わりますのでANAやJALなどの公式HPをご覧ください。

 

飛行機以外の移動手段は?

  1. 新幹線:(福岡まで)
  2. 夜行バス:福岡又は長崎まで
  3. 電車:福岡~長崎間(つばめ)
  4. バス:福岡~長崎間
  5. 車・バイク:福岡又は長崎まで

どれも長崎か福岡まで行った後、船または飛行機で五島に行くことになります。

 

よく利用するおすすめ検索・予約サイトは?

飛行機や宿泊先を各個別で検索・調べて予約をするのってけっこう面倒ですよね?

そんな私も以前は飛行機と宿泊先を個別で調べていました。
ですが今はまとめて検索ができる便利なサイトがあるんです!!

私が旅行などで予約をするときによく利用するサイトを教えますね!

楽天トラベル

私が一番利用するのは楽天トラベルです。

なんといっても楽天を利用している方なら楽天ポイントも貯まり、支払いも楽天カードならポイントもお得に貯まるという利用者には嬉しいサービスです。

楽天トラベルは五島の宿泊先が一番掲載数が多いです。

じゃらんnet

じゃらんはPontaカードと提携しているのでPontaポイントが貯まります。
意外と宿泊などはじゃらんnetの方が安い場合があります。

Yahooトラベル
Yahooトラベル はYahoo!ショッピングで使用できるヤフーポイントとTポイントが貯まります。

支払いもYahoo! JAPANカードならポイントも倍もらえます。

よく利用するサイトはこの3サイトになります。
飛行機、宿、レンタカーがまとめて予約ができるのはとっても便利ですよ。

ただし船は各船会社で予約してください。

効率よく観光したいならツアーで行くのもあり

  • ツアーで行きたい!
  • 計画を立てるのが面倒
  • 添乗員さんがいると安心
  • 有名な観光名所を効率よく見たい
  • 知らない場所での車の運転は不安
  • バスでゆっくり快適に過ごしたいなど

そんな方には少しお値段は高くなりますが
五島列島ツアーをお探しの方へ
こちらがおすすめ↓です。
クラブツーリズム国内ツアー

 

五島列島へ行くには費用はどのくらい必要?

五島列島へ行くには個人で行くか、ツアーで行くか、泊数にもよって料金は変わってきます。

東京出発、個人で2泊3日下五島の旅行をした場合

交通費、宿泊代、食事代、おみやげ代、レンタカー代などもろもろ入れたら

約10万は必要になります。

上五島も旅行する場合+2~3万は必要

ツアーの場合はもう少し高くなります。

少しでも安く行きたい方は、交通費は福岡・長崎まで出ている夜行バスや船を使ったり、少しでも安い宿に泊まるなどになります。

 

まとめ

今回は五島列島へ行くアクセスを掲載しました。

岡または長崎まで行くか、早く到着したいか、料金を安く抑えたいのかなどにより移動手段も変わってきます。

  • 福岡、東京、名古屋、大阪・東北方面からは飛行機ですべて行くのが一番早い(料金は高い)
  • 長崎からは船でいくのが早く、料金を安くできる
  • 料金を少しでも抑えたい方は福岡又は長崎行の夜行バスを利用する手もあります
  • ほかには福岡までなら新幹線、長崎までなら電車が出ています
  • 東京から五島市の旅費ですと日数にもよりますが全て合わせても10万は必要
  • 飛行機のチケットは早めに予約をするのが一番安いです。

東京から五島へ行くなら一番のおすすめは…

断然、飛行機がおすすめです!!
なんといっても時間の節約になります。

▼合わせて読みたいおすすめの記事

【五島の生活】五島列島の福江島・五島市はどんなところ?
...続きを読む
【絶対保存版】五島・定期船の時刻表と料金・運行状況をまとめて知りたい
...続きを読む

▼五島市のホテル・宿一覧

【五島の宿】五島市の宿・ホテル一覧まとめてご紹介①
...続きを読む
【五島の宿】五島市の宿・ホテル一覧まとめ②
...続きを読む

▼五島市のレンタカー一覧

【五島市レンタカー一覧】五島のレンタカーを予約したい・まとめて知りたい方はここ!
...続きを読む

五島に遊びにこんね!

▼五島列島の宿泊・レンタカーの予約はこちら

楽天トラベル
じゃらんnet
Yahooトラベル

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
この記事を書いた人
もっちー

五島列島を検索するサイト
のんびりきままに「五島福江島ライフ」です。
五島列島・福江島から五島市の魅力や公式には掲載されていない地元情報をお届けします。
詳細はこちら

\Follow Me!/
スポンサーリンク
スポンサーリンク